• 2022.05.15 東京都U15リーグ vs.八王子アトリース戦
  • 2022.05.01 東京都U15リーグ vs.府ロクZero戦
  • 2022.04.24 東京都U15リーグ vs.東京BARUS戦
  • 2021年度選手募集

mailto us
TOP クラブ紹介 ★NEWS メンバー スケジュール 試合結果 Photo お問い合わせ

 2022.05.20 
東京都U15リーグ第4戦 八王子アトリース戦結果とコメント
 5/15(日)宝野公園で行われた2022年度東京都女子サッカーリーグU-15・2部第4戦 八王子アトリース戦は0-0で引き分けでした。またリーグ戦後引き続き行われた『第39回グリーンカップサッカー大会(U15の部)』は町田ボニータに2-0、17多摩SCに7-0で勝ち優勝しました。応援ありがとうございました。
【試合後コメント】
○森村監督:
 約2週間、府ロクレディース戦での問題点を明確にしチームを修正しつつ、ラルーチェの特徴である個の強さにもこだわって練習を行ってきました。
 八王子アトリースさんとの試合は今までと違いラルーチェが攻め込む時間が多かったように思います。ただ相手のFWの選手が足が速く、且つボールテクニックも上手く何度かヒヤッとする場面もありました。ラルーチェの攻撃ではシュート本数も数多くありましたがアトリースGKの安定した守備でゴールを割ることができませんでした。いい形で攻め込むことができたので今後もこのような攻撃を継続していければ楽しみだと思います。多くの応援をいただきましたが結果を残すことができず残念でした。次節スフィーダ世田谷戦では良い結果報告ができるよう頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。
 また、U15リーグ終了後開催された第35回グリーンカップ(多摩市春季大会)U15の部は、町田ボニータ、17多摩、ラルーチェの3チームリーグで行われました。結果は町田ボニータに2-0。17多摩に7-0と2勝し優勝をすることができました。
○木村澪選手(Cap):
 前回の府ロク戦から1週間開き、八王子アトリース戦となりました。怪我人が増えてしまい、ベストメンバーとはなりませんでした。また、いつもとは違うのポディションをやった選手もいます。そんな中でも、果敢に攻め果敢に守ることが出来ました。
 前半から攻める時間が多く、シュートも枠内にとんでいました。しかし、キーパーに阻まれ、中々得点を取ることが出来ませんでした。そういう時に、逆サイドに第3者の選手が上がって横のパスコースをつくったり、相手を紛らわす役割をすれば良かったと思います。また、ディフェンスに関してはいつもと2人メンバーが違い、安定しないかと思いました。しかし、ディフェンス同士で声掛けが出来ていて、ボールを落とさずにヘディングもしていたのでとても良かったと思います。勝てた試合かと思いますが、ゴールを揺らすことなく試合が終わってしまいました。次戦は今回よりも強い相手なので気を抜かず、頑張っていきたいと思います。
 また、グリーンカップも同日に行われました。2試合とも攻める時間が多く、シュートも決めきることが出来ました。全日本女子U15選手権の東京予選も始まります。より、上に上にいけるよう全力を尽くしていきたいです。
○笠原未菜実選手:
 今日は八王子アトリースさんとの試合でした。結果は0対0で引き分けてしまいました。結果は引き分けてしまいましたが、ラルーチェのペースで試合を出来ました。サイドバックでプレーをしていてラルーチェが攻めている時間が長かったので落ち着いてプレーが出来ました。それでも相手の足が速くて何度か裏を抜かれる事がありましたがカバーをしてくれたおかげで助かりました。次のスフィーダ戦では勝てるように頑張りたいです。
○永井玲衣選手:
 今日のU15は八王子アトリースさんとの試合でした。監督に言われた事は細かくプレーするのではなく、大きくプレーすること。私はやっと30分ハーフのフルコートでの試合に慣れてきましたが、11人制に戸惑うことがあり、仲間がボールを持っている時にどこでボールを受ければ良いかとっさに判断出来ず止まってしまう事があります。早く慣れていきたいと思います。
 今日の相手はFWの選手の足が速く、中盤の選手からの裏パスに素早く走られて、体制を崩されてしまいました。私自身の反省点はパスをもらう時にゴールに背中を向けてしまいターンが大きくなってボールを取られてしまう事がありました。今日はラルーチェがボールを持つ時間も長くシュート数も多かったのに、0-0での引き分けで悔しい試合でした。次回は得点につなげられるよう、頑張ります。


 2022.05.17 
全日本U15女子サッカー選手権東京都予選組合せ決定
 『JFA第27回全日本U-15女子サッカー選手権大会東京都予選大会』の組み合わせが決定しましたのでお知らせします。LaLuceは同じ多摩市の17多摩SCとの"多摩市ダービー"となりました。応援よろしくお願いいたします。 全日本U15女子サッカー選手権東京都予選組合せ

 2022.05.06 
東京都U15リーグ第3戦 府ロクレディース ZERO戦結果とコメント
 5/1(日)府中朝日フットボールパークで行われた2022年度東京都女子サッカーリーグU-15・2部第3戦 府ロクレディース ZERO戦は1-3(0-0,1-3)で敗れました。応援ありがとうございました。
【試合後コメント】
○森村監督:
 3週連続のU15リーグは府中朝日フットボールパークにおいて、府ロクレディースZeroさんとの試合でした。2戦連続競り勝ってきましたが、内容的には決して満足のいくものではないことは私は勿論選手たちも自覚しています。自分たちに不足している部分の修正とラルーチェのストロングポイントを生かすことを重点にトレーニングをしてきました。
 今回の試合では、課題であるボールウォッチャーにならない。相手と必ず競る。ミドルシュートを未然に防ぐことができず3失点しました。U15リーグは2週間空きますが、その間の選手たちの成長を促すトレーニングをしていくつもりでいます。次節は地元宝野公園の試合になりますので、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。
○阿部来望選手(V-Cap):
 今日の府ロクレディースZeroさんとの試合は1対3で逆転負けをしてしまいました。1点目の失点シーンではセンターリングが上がったときにクリアすることができず、左サイドの選手に打たれてしまいました。私も味方がいたので安心してしまったり、ボールウォッチャーになってしまい、サイドに相手がもう一人いることに気付くのが遅くなりました。2点目ではコーナーから失点しました。マークマンが確認できていなくて、フリーな選手に打たれてしまいました。相手が蹴り始める前に誰が誰につくかが決まらず、フリーな選手ができていたので、ちゃんと声を出し合って決めていきたいです。3点目はロングシュートを決められてしまいました。中盤の選手が抜かれた後のDFの寄せがきちんとできていなかったのがいけなかったと思います。誰が寄せるのかという指示があまり出なくてフリーにしてしまいました。自分は指示の声が小さくて聞こえていなかったので、もっと大きな声を出したいです。攻めではオフサイドが何回かあったので、気をつけたらもっとチャンスが増えると思いました。今回の試合でもDF同士の間が空きすぎたり、カバーができていない時が多かったりと、課題がまだまだあるので1つずつ直していきたいです。今度の試合は絶対に勝ちたいです。
○茂手木凛選手:
今日は府ロクZEROさんとの試合でした。結果は1-3で負けてしまいました。監督に前半が勝負と言われて、前半である程度自分たちのゲームにしたいなと思いコートに立ちました。前半はずっと教えてもらってきたパスの優先順位を一人一人が意識し、裏へのパスをたくさん出すことが出来、シュートまで何度かいけたものの決めきることが出来ずに終わってしまいました。攻められている時間も多い中、決定的なシュートを打たせずに、安定したディフェンスが出来たのは練習の成果だと思うので自信を持っていい点だと思います。後半は立ち上がりが良く、トップの選手が冷静にシュートを決めてくれて先制点を取ることが出来ました。しかしその後、左サイドからの相手のセンタリングに誰も反応することが出来ず、フリーでシュートを打たせてしまいました。ボールウォッチャーになっている選手が多く、ボールサイドに寄りすぎていて、中の人数が足りなかったのが原因だと思います。その後、更にコーナーキックから失点しました。一人一人の不注意と少しの気の緩みでの失点で、ゴール前でフリーな選手ができてしまったことが問題でした。1人も漏れが無いように、声をかけ合って、マークの確認をし、もうこのような失点が無いようにします。相手の3点目は、ラルーチェのずっとの課題であるミドルシュートでした。誰がでるのかの声かけが十分でなく、みんなが他人任せになっていて、出るのが遅れたため打たれてしまいました。ハーフタイムでも監督に言われた通り、ミドルシュートは打たせてからキーパーに任せて取るのではなく、打たせる前正面に入ってボールをゴール方向に飛ばさないことが大事だと思いました。
 自分たちはヘディングなどで相手に競るということがあまり無いので、最近練習でやっている玉際を強くし、競るということを、これからの試合で頑張っていきます。個人でもチームでも課題はありますが、切り替えて次からの試合に臨み、良い結果を残せるように頑張りたいです。
○清水彩奈選手:
 今日はU15リーグの3戦目で相手は府ロクレディースZeroさんでした。結果は1-3で負けてしまいました。試合前に「前半で試合を決めろ」と言われました。ポジションはサイドバックで、とても緊張しながらコートに入りました。攻撃では何度か裏へ抜け出しチャンスもありましたが、決めきることができずに終わってしまいました。攻められている時間も多かったですが、決定機を作らせずにDFができて良かったです。
 後半に入り、良い形で先制点を取ることができました。しかし、その後の相手のパスに誰も反応できず、自分のサイドでフリーでシュートを打たせてしまいました。パスを出した人に誰も寄せていなかったのと、自分も含めてボールウォッチャーになってしまったからだと思います。その後にコーナーキックから決められてしまいました。マークをついている選手が分からず、フリーにさせてしまったからです。声をかけあって、マークの漏れがないように改善していきたいです。その後、ラルーチェの課題でもあるミドルシュートで決められてしまいました。相手が打つ時に誰も寄せていなく、フリーで打たせてしまったことが原因です。
 失点をしてからチームの士気が下がり、コミュニケーションが取れなかったことがその後の失点に繋がっていると思います。そういう時こそ、声を出せるようにこれから頑張りたいと思います。今回の試合、負けてしまいとても悔しいですが、切り替えて次の試合から良い結果を出せるよう、頑張りたいです。


 2022.05.06 
東京都U15リーグ第2戦 東京BARUS FC Ochibi戦結果とコメント
 4/24(日)錦糸公園競技場で行われた2022年度東京都女子サッカーリーグU-15・2部第2戦 東京BARUS FC Ochibi戦は2-1(0-0,2-1)で勝利しました。応援ありがとうございました。
【試合後コメント】
○森村監督:
 先週に引き続きU15リーグが行われました。結果は2-1で勝利。開幕2連勝という素晴らしいスタートを切ることができました。
 今回の東京BARUS戦も相手に押し込まれる時間が多く、数少ないチャンスをものにできたという試合になりました。2戦を終わってみて感じていることは浮き球の処理の甘さ、もっと言えば相手との競り合いができていないことがゲームの主導権を握られていることにつながっていると思います。ほぼ毎週続くU15リーグ中、グランドでの練習が少ないラルーチェにとって試合での問題点を改善していくことは簡単ではありませんが、修正ポイントを明確にしてトレーニングを続けることが重要だと感じています。次節は5/1になります。引き続き応援をお願いいたします。
○木村澪選手(Cap):
 第2節の相手は東京BARUSさんでした。BARUSさんの特徴は、サイドの選手が縦にドリブルをして、最後にセンタリングをあげ、それを詰めるという形です。鹿島遠征で戦った相手のように、逆サイドの選手がラインいっぱい開いていて、守備のしにくい相手でした。しかし、遠征でその課題を克服していたので、正しいポディショニングをとることができていました。相手のコーナーは、前半から危ないシーンが多く、同点に追いつかれた1点もコーナーからの失点でした。マークは決めていましたが、チェック等でフリーになって打たれていました。ルーズボールも含め、相手と競る人がいなかったので、声をかけて競るようにしたいと思います。また、今回の試合では全体的に声がかかっていませんでした。声をかけて、限定をかけないと次のプレーを予測することが出来ません。自分自身も声が出ていなかったので、声を毎プレー出すようにしようと思います。ほとんどおされていた展開の中、先制点を取り結果的に勝つことができて良かったです。次の府ロク戦も勝てるように頑張ります。
○柴田紗来選手:
 今日の試合は2対1で勝つことが出来ました。ですが前半では左サイドから相手に攻められることが多く、バック同士も指示を出すことがあまり出来なかったため、ボールウォッチャーになっていたりラインをあげるのが遅かったりしてしまいました。自分は大きく蹴ろうとして上手く当たらなかったり、ミスをすることが多く他のメンバーに負担をかけてしまい、無駄に体力を使うことになってしまいました。攻撃では焦ってしまいパスが繋がらないことがありましたが、バックからのパスに合わせてシュートを決められたりできたのは良かったと思います。まだ試合は残っているので気を抜かずにいきたいです。
○安納優唯選手:
 U15リーグ2試合目の相手は東京バルスさんでした。結果は2対1で勝つことが出来ました。勝つことができたのはいいことでしたが課題も沢山ありました。前半は0対0でしたが攻めている時間は相手の方が多かったと思います。前半はバルスさんのサイドからの攻撃に必死に抑えることしかできませんでした。ボールウォッチャーになってしまい反対サイドに展開された時にピンチになることが多かったと思います。ハーフタイムに、ずっと守ってたら点は取れないよと言われました。そして後半開始すぐに先制点を取ることができました。ですが切り替えが遅くなってしまいすぐに点を取り返されてしまいました。そこも新しい課題だと思います。1対1になってしまい勝つには攻めるしかありませんでした。そして終了間際にスルーパスに抜け出し点を取る事が出来ました。点を取られて焦ってしまうところもありましたが、その後最後まで守り切れたのは良かったと思います。今回の試合でボールウォッチャーとなど切り替えの速さなどが目立ったと思います。なのでこの課題を次の試合までに時間ありませんが少しでも改善し府ロクさんに臨みたいと思います。そして絶対勝ちたいと思います。


 2022.04.21 
東京都U15リーグ開幕戦 杉並FC戦結果とコメント
 4/16(土)宝野公園で行われた2022年度東京都女子サッカーリーグU-15・2部開幕戦 杉並FC戦は2-1(0-1,2-0)で勝利しました。応援ありがとうございました。
【試合後コメント】
○森村監督:
 3年ぶりに10チームの総当たり戦となるU15リーグがいよいよ始まりました。今年から第1節から第9節まで実施する期日が決められており、対戦相手との調整で試合期日場所が決定する方式となりました。今年のラルーチェはメンバーが13人と少なく、また昨年から比べると一段と小柄なチームとなりました。4月上旬に遠征合宿をしチームを形にしていく準備をしてきました。
 第1節は地元宝野公園に杉並FCさんを迎え行われました。杉並さんは練習試合等で対戦しましたが、良くトレーニングをされており丁寧にパスを繋ぎながらDFの裏を狙ってくるチームです。試合は60分を通して杉並さんが支配していた感じです。時折ラルーチェがカウンターからチャンスを作る試合展開でした。前半10分頃、ラルーチェの右サイドからミドルシュートを決められました。前半はほぼラルーチェ陣内での試合でした。ハーフタイムでルーズボール特に浮き球は必ず競りに行って、そのこぼれ球を拾うことを注意しました。後半は、ラルーチェが攻める時間帯がかなり増えた感じでしたが、なかなかゴールには結びつきませんでした。残り10分ごろ左サイドから相手ゴール前にセンタリング、それをダイレクトでボレーシュート。惜しくもクロスバーのちょっと上に外れてしまい。今日は運にも見放されたなぁと思いました。57分FWが抜けだしGKと1対1の状況でFWは左にショートパス、それを後ろから上がってきたMFが決め同点。アディショナルタイムまたFWが抜けだし、またGKと1対1、今度はGKの頭上にループシュートを決め逆転。押されながらも初戦に勝利することができました。長い間指導者として試合をしてきましたがこんな劇的な逆転勝ちは初めての経験でした。
 次のU15リーグは約1週間後の24日になります。試合での問題点を修正する時間はあまりありませんが、最善の準備をして次節も頑張ります。引き続き応援をよろしくお願いいたします。
○木村澪選手(Cap):
 U15リーグ、初戦の相手は杉並FCさんでした。1年生が入り、新体制になった中、まだ準備は十分ではありませんでした。
 前半は10分頃に先制点を決められてしまい、少ないチャンスもものにすることが出来ませんでした。点が取れなかったのは全体的に攻守の切り替えが1歩遅く、攻撃に人数をかけることが出来なかったからだと思います。また中盤ではセカンドのボールがなかなか取れず、バックに助けられる場面が多々ありました。しかしバックも鹿島遠征からの課題となっている「パスの成功率を上げる」という事は、相手のプレッシャーが早いせいかほとんどクリアになってしまっていました。パスを貰う人の準備が出来ていないということも関係してくると思うので、この点に関してはまだまだ改善の余地があると思います。ハーフタイムではルーズボールを自分たちのものにするようにと言われました。後半は出だしがとても良く、ビッグチャンスが何度もありましたが、そこで決めることが出来なかったので上手く流れをラルーチェに持っていくことが出来ませんでした。そしてボールを奪われた後速攻カウンターで数的不利で攻められる事が何度かありました。運よく決められずに済みましたが、絶対絶命のピンチがあったことは事実なので、次の試合では無いようにしたいです。ラスト5分に同点に追いついき、ラスト1分に奇跡的な逆転ゴールを決め劇的な勝利となりました。改めて、諦めずに最後まで戦うことは本当に大切なことだなと実感しました。
 この勝利はとても重要なものになりました。第2節を準備万全で臨むことは難しいとは思いますが、出来るだけ早く体制を整えられるようにしたいです。
○阿部来望選手(V-Cap):
 今日は杉並FCさんとU15の初戦がありました。結果は2対1で勝つことができましたが、内容としては相手に攻められている時間が多かったです。前半開始早々に1点取られてしまい、その後も自陣にいる時間が長くなってしまいました。自分はボールしか見ていなくて、バックの間や裏を取られることが多くなってしまいました。クリアもボールにうまくミートできず相手に当ててしまうことが多かったです。後半でもDFラインの連携がうまく取れず、カバーが全然できませんでした。その結果、危ない場面を何度も作ってしまいました。でも攻撃の部分では前半に比べてゴール前まで行ける機会が多くなり、2点取り返すことができました。
 今回の試合での課題は、カバーの関係ができていなかったことと、ボールウォッチャーになりすぎていたことだと思いました。他にもまだまだありますが、みんなで声を掛け合い、次の試合ではもっと安定したプレーができるようにしたいです。でも初戦を逆転で勝てたことは、とても良かったと思います。
○小林幸姫選手(V-Cap):
 まず、今日試合に勝つことが出来て良かったです。今日の相手は杉並FCさんでした。このチームは、裏にロングボールを蹴ってFWが裏抜けし、GKと一対一に持ち込んだり、サイドから足の速い選手がドリブルで突破してクロスや中へのパスをしてチャンスを多く作ってきました。また、浮き球やダイレクトパスを使い分けて中盤でボールを繋いで自分たちを揺さぶり、タイミングがあればロングボールを使い、何度も裏を取られました。相手に数回決定的なチャンスを与えてしまいましたが、何とか1失点で試合を終えることができました。自分達の攻撃は、前半に失点をしてから相手陣内に攻め込む時間がほとんどありませんでした。それでも相手のミスのこぼれ球を拾ってチャンスに繋げたり、スルーパスに抜け出してチャンスを作ることができました。相手はFWにボールが入った時に1人がそれをカバーするという守備で最終的には2対1を作ってボールを奪いにきました。また、前を向いてボールを持った時は、奪う守備ではなくサイドに追いやる守備をしてきたので自分が起点になってチャンスを作ることができませんでした。ですが、後半は足下でうけて潰される前に相手を外して裏でボールを受けることができました。後半はボールが繋がるようになり、ゴール前でシュートを打つ機会が増え、最終的に残り5分で逆転できました。ギリギリな試合でしたが、良い結果を出すことが出来たので良かったです。攻守両面で課題はありますが、次も勝てるように頑張りたいです。


 2021年度のNEWS一覧はこちら
 2020年度のNEWS一覧はこちら
 2019年度のNEWS一覧はこちら
 2018年度のNEWS一覧はこちら
 2017年度のNEWS一覧はこちら
 2016年度のNEWS一覧はこちら

免責事項と著作権について (C) 2016-2022 FC LaLuce.  アクセスカウンター
inserted by FC2 system